Did the disciples leave because God the Father chose to not "ドロー” them to Jesus?


John 6:44 - "誰も" "できない"転がり込む"私を遣わした父がいなければ"ドロー” him, and I will raise him on the last day.” Some claim, the Father chose to not “draw” the disciples to his Son and that was the reason why many disciples left Jesus. 66


イエスは「」と定義した。ドロー「という歌詞があります。

の皆さん。 リスニング 私の父に、そして がくしゅうびん 彼より "来る."45


描かれるためには、御子を信じなければならない

あなたは、父から話を聞き、学んでいるとき、"従う" のことです。意志"父なる神の "です。イエスは40節で父の意志を定義しています。

40節 - これは、私の父の御心である。 その 息子信じる 在るが儘 不老不死そして、わたしは終わりの日に彼をよみがえらせる。"

父なる神の御心は、"信じる" を御子に。

父なる神の御心に従うならば、あなたは引き寄せられ、そして終わりの日によみがえるのです。


新しい教え

談話に先立ち、イエスは "決して" 自分をパンと呼んだ。多くの弟子たちの信仰を揺るがすような、困難で不穏な新しい教えが行われたのです。弟子たちは、イエスがこのような話し方をするのを初めて聞いたのです。彼は私たちに彼の肉を食べ、彼の血を飲むことを望み、どういうわけかパンが彼の肉になるのですか?48-58


聖書は4回、新しい教えに対する信仰の欠如を明らかにしています。

1. この人はどうして自分の肉を私たちに食べさせてくれるのだろう。52

2.この諺は難しい。誰がそれを受け入れることができるだろうか。60

3.イエスは言われた。"しかし、あなた方の中には信じない者もいる。"64

4. その結果、多くの弟子たちが元の生活に戻り、彼に同行しなくなった。66


第65節 主のとてもに注目する "閑文字"


Some believe verse 65 supports the theory that God the Father chose to not draw the disciples to his Son?

65節 - そして、"このために、私の父から許可されない限り、だれも私のところに来ることはできない "と言った。

イエスが言ったとき "だからこそ" 65節では、その理由は何でしょうか? イエスは「自分の言葉」で、前の節(64節)の「理由」を定義されたのです。これらの節はつながっている。

理由 "しかし、あなたがたの中には、信じない者もいる(64)""このために...(65)"

64節では聖ヨハネの解説がとても重要ですが、主ご自身の言葉をつなげることで、真の意味を知ることができます。


父なる神の御心に従わなければ、与えられることはないのです。


ニュー・アメリカン・バイブル 改訂版

ホームページ

jaJapanese