ある人は、弟子たちがイエスに従わなくなったのは、イエスが前日の「パンの倍加」の時に提供したようなパンを、さらに無料で提供しなかったからだと言います。これは聖書的に意味があるのだろうか?


This clearly does “ノット” make biblical sense:

  • ヨハネ6:41-42で、ユダヤ人たちはもっと無料でパンをもらわないとつぶやいたのでしょうか? ダメだ!
  • 52節にあるように、無料のパンがないために怒りのオーガズムが発生したのでしょうか? ダメだ!
  • ユダヤ人たちは、52節で "この人はどうして私たちに「タダで食べられるパン」をくれないのだろう "と言ったのだろうか。 ダメだ!
  • 弟子たちは、イエスがもっと無料のパンを否定されたので、「この言葉は難しい、誰が受け入れることができるか」と言ったのでしょうか(60)。 ダメだ!
  • イエスは十二人に、無料のパンがないために、出て行くのかと尋ねられたか (67) ダメだ!

This clearly does “ノット” make common sense:

Many disciples gave up their “way of life” to follow Jesus. Following Jesus’ way of life was (is) not easy and involved suffering, persecution, rejection, living minimally, etc. His way is against this world and our sinful desires. Some disciples had been following Jesus for months and years, but then they stopped following him because he did not provide them more free bread that day?


イエスは、弟子たちが信じて従うなら、永遠の命を約束されました。弟子たちは、自分たちの「生き方」を捨ててイエスに従ったのに、「大麦のパン」で永遠の命を約束されたことを放棄したのでしょうか。


The crowd were non-believers

Lastly, the "crowd" of people were "non-disciples" that requested more free bread in verse 34; non-believers.


ニュー・アメリカン・バイブル 改訂版

ホームページ

jaJapanese