聖書で、私たちは絶対にイエスが "100% "であることを証明します。ノット命のパン講話で象徴的に語っている " - ヨハネによる福音書6章22節〜71節


この無料の教育ウェブサイトは、人々を支援することを目的としています。 真実を求める 聖書の中で最も重要な教えの一つ、ヨハネによる福音書6章の「いのちのパン」の講話においてです。イエスはこの講話の中で、新約聖書の他のどの章よりも多く「永遠の命」に言及されています。


私たちの理解力を制限する人間の「壁」は巨大です聖書の教えの中には、私たちがどうしても理解できないものがたくさんあります。 例えば、どのように 神は私たちの中に宿っているのでしょうか?イエスはどのように復活されたのでしょうか?あるいは、イエスはどのようにして処女懐胎で生まれたのだろうか? これらの超自然的な教えは、人が理解できることを「超えて」信じることを必要とします。


いのちのパン講話」の教えは、キリストに従う者に、科学的な理解や自然の法則を超えた、子どものような信仰を要求しています。人智の「壁」を越えて神を信じ、完全に神を信頼すること。


この講話は、カファルナウムの会堂で説かれたものです。イエスは地上での宣教を始めてからおよそ2年が経過し、イエスに従う弟子たちは「たくさん」いました。イエスはその宣教を通して、忠実で従順な弟子たちに永遠の命を約束されました。この弟子たちは、自分の「生き方」を捨てて、イエスに従ったのです。


その講話の中で、多くの弟子たちの信仰を揺るがすような大きな出来事が起こった。講話の終わりに突然、多くの弟子たちがイエスから離れ、以前のような生活に戻り、もはやイエスに同行しなくなったのです。66

ヨハネ6:66 は、まさに記録された最初のキリスト教の背教である。なぜ、この弟子たちは去ったのだろうか。


目次 - 20分で読める早わかり


  • ステージ設定 - 10のキーポイント
  • 旧約聖書の伏線;過越の祭りと砂漠のマンナ
  • 群衆とは誰のことですか?彼らは弟子ではありませんでした
  • 多くの弟子たちが、自分の"生き方" イエスに従うために
  • イエスの新しい教え、何か大きなことが起こった!
  • 不穏で不可解な教えは "信じがたい"
  • 新約聖書で何度も教えられた63節の真実;「霊」対「肉」。
  • イエスは多くの弟子が自分から離れることを許した、妥協はしない
  • 限界のない信仰、超自然的な信仰と自然な信仰の比較
  • 奇跡的な処女懐胎がイエスの血肉を形成した。"奇跡から奇跡が生まれる"
  • いっさいのいのちはちからにあり

ステージの設定 - 10のキーポイント


1.これは、永遠の命についてです

イエスは永遠の命に言及した "13回" は、新約聖書のどの章よりも、「いのちのパン講話」の中で最も多く書かれています。


2.聖書によると、これらは"いちもん"イエスを離れ、以前のような生き方に戻り、もはやイエスに同行していないもの"。ヨハネによる福音書6章66節

3.イエス様はこの背教をユダの裏切りに結びつけました。


4.聖書における弟子とは、イエスの信者であり、従者である。聖書では、「群衆」は非信者であると定義されています。非弟子たち。30,36

5.カファルナウムには、弟子でない人々(群衆)、12人の弟子、その他の弟子の3つのグループがありました。


6. 弟子たちはすでに、永遠の命を得るための条件、すなわち、イエスを信じ、その命令に従うことを教えられていたのである。ヨハネによる福音書3章と5章

イエスが「天から下ってくる」というのは、新しい教えではありませんでした。(ヨハネ3・5) しかし、彼に従わなかった人々にとっては新しいことでした。 


7.いのちのパン講話のわずか数時間前に、イエスは二つの奇跡を行った。パンの増殖と水の上を歩いたことです。この二つの出来事がどのようにして起こったのか、理解できない、超自然的な出来事です。

8.この談話は、聖書で最も偉大な"しんこうじっけん「多くの弟子たちのために。


9.ヨハネによる福音書6章63節についてのポイント

復活の真の解釈は、"" のイエスもまた、死に打ち勝った。 彼の肉は命を救う


10.いのちのパン講話は、最後の晩餐のおよそ1年前に行われました。イエスは地上での宣教を始めて2年ほど経った頃である。


旧約聖書


過越の祭

イエス自身が「いのちのパン」の講話教えを発表する時期を選んだのです。この講話が(一年後の最後の晩餐とともに)毎年行われる過越祭のお祝いに近い時期に行われる確率はどうでしょうか。

イエスがこれを行った蓋然性は、"事故" は、おおよそ "一分." 意味は、「数学」は、イエスが意図的にこれを行ったと言う。主は一年のうち、他の週と月を選ぶこともできたはずです。 

過越の祭りが近かった(ヨハネ6:4)。イスラエル人は子羊を犠牲にするだけでなく、神との契約を結ぶために子羊の肉を食べなければならなかったのです。出エジプト記12章


出エジプト記には、長子が救われるために、神様がイスラエル人に与えた3つの主な命令が書かれている。

最初に 子羊を生け贄に捧げよ。 2番目。 肉が消費される家の門柱とまぐさには、子羊の血を塗る。 3つ目。 子羊の肉を食べる。

The mark of blood was “ばかり” allowed on houses where flesh of lambs would be consumed. Flesh could not be taken outside the house. 7,46

もし、イスラエル人が子羊を生贄として捧げたが、"じゃない「を、肉を食べた家に血を塗る。 死がそれらの家に「入っていただろう」。 出エジプト記12章


でした。 "じっさいにある" 肉食系リアルブラッド "セーブ." 子羊のシンボルではありません。


イエスは "神の子羊"

  • あなたの子羊は、1歳の雄で傷のないものでなければなりません。出エジプト記12:5
  • しかし、汚れのない子羊のようなキリストの尊い血で。第一ペテロ1:19
  • あなたはその骨を一本も折ってはならない。出エジプト記12章46節
  • これは、聖書の一節が成就するために起こったのです。"一本の骨も折られることがない"ヨハネによる福音書19章36節
  • 私たちの過ぎ越しの小羊、キリストが犠牲になったからです。1コリント5:7
  • 見よ、世の罪を取り除く神の小羊を。ヨハネ1:29
  • なぜなら、小羊は主の主、王の王であり、彼とともにいる者は、召され、選ばれ、忠実であるからです。黙示録17:14
  • 小羊の婚宴に召された人々は幸いである。黙示録19:9

神は、過越のいけにえをすべての世代で実践するように命じられた。 "末永く." 出エジプト記12章


旧マナvs.新マナ

新しいモーゼとしてのイエス

  • ファラオはすべての男の赤ん坊を殺し、モーセだけが救われた。(出エジプト記1-2章)ヘロデはすべての男の赤ん坊を殺したが、イエスだけが救われた。マタイ2:16
  • モーセは四十日四十夜の間、食べたり飲んだりしませんでした。(出エジプト34:28)イエスは四十日四十夜の間、食べたり飲んだりしませんでした。マタイ4:2
  • モーセは血によって旧約の仲介者となり、(出エジプト24:8)イエス様は血によって新約の仲介者となられました。ヘブライ12:24
  • 十戒の律法は、モーセがシナイ山で受け取ったものです。イエス様は、山上の垂訓という山で、「幸福の言葉」を伝えられました。 
  • モーセは旧約聖書の中で最も偉大な教師であると考えられています。イエスは新約聖書の中で最も偉大な教師であると考えられている。

新しいマナは、あくまでも"記号" 新モーゼから?


オールドマナ 

パンは "ノット" を象徴的に表しています。それは、砂漠でイスラエルの民を養うための「超自然的」なパンであり、神からの奇跡的な贈り物であった。出エジプト記16章

があります。 オールドエクソダス は、イスラエルの民を奴隷から解放する。 イスラエル12部族 が中心でした。 約束の地へ向かうモーゼ。

天から直接、朝は「マナ」、夜は「フレッシュ」。8

ユダヤ人たちは文句を言い、つぶやいた。

マナは幕屋で金の容器に入れられていた。33; ヘブライ 9:4


ニューマナ 

イエスは、次のように呼ばれています。 "New Moses" in the New Testament.

があります。 ニューエクソダス は、人類を罪と死の奴隷状態から解放します。 12人の使徒 が中心でした。 イエス様を約束の地へ。

The Jews were anticipating a prophet like Moses to come into the world and do something greater.

Moses: A prophet "like me" will the LORD, your God, raise up… Deut 18:15-18; Acts 3:22

When the people saw the sign he had done, they said, “This is truly the Prophet, the one who is to come into the world.” John 6:14

The Jews then requested something greater from the New Moses. They requested manna “つねに.” Not just for 40 years, but forever so they can satisfy their physical bodies. 34

ユダヤ人たちは文句を言い、つぶやいた。


聖書によれば、消費されなければならないより大きなものが与えられているのです。


天から直接。 "召し上がる" of the new manna and you will 死に損ない

  • あなたの先祖は砂漠でマナを食べましたが、死にました。これは天から降ってくるパンであり、それによって人は"召し上がる" それを死守せよ。49,50
  • パンは彼の肉である。(51)これは、天から降ってきたパンである。食べても食べても死んでいったあなたの先祖とは違って、誰でも"しょくじ" このパンは 永遠に生きる58
  • イエスは、食べられた(まだ死んでいる)「古いマナ」と、食べなければならない(永遠の命)「新しいマナ」を結びつけて、難しい新しい教えを始め(49)、終わり(58)ました。

"群衆 "とは誰なのか?


ヨハネ6章では、"他の弟子 "は "群衆の一部 "であったとする説がある。

これは事実ではありません。

この群衆は、"パンの倍加 "と "いのちのパン講話 "の両方に出席しました。この群衆が誰であったかを理解することで ぶたいはじめる 命のパン講話を正しく聖書的に解釈するために。

Let’s first analyze what happened during the Multiplication of Loaves, the day before the discourse. This supernatural event is written about in all four Gospels…


聖書の中で「弟子」という言葉が出てくるとき、時にそれは "ノット" しかし、新約聖書を論理的に分析すれば、「12人の弟子」なのか、「すべての弟子」なのか、はっきりする。しかし、新約聖書を論理的に分析することで、"十二人の弟子 "なのか "すべての弟子 "なのかを把握することができます。何方" の聖句を参照しています。

イエスは山に登られ、そこで、御自身と一緒に座られた。 "いちもん." 3

観客は芝生の上に寝そべった。10

私たちは、イエスが持っていたことを知っています。 "数々" この時、12人の弟子のほかに、彼に従った弟子たちがいた。60


他の忠実な弟子たち

12人の弟子と一緒に、次のような人がいたことが分かっています。 その他、イエスに同行した非常に忠実な弟子たち。 "ぜんぶ" 聖書によると、地上の働き使徒言行録1:21-23


大勢の人に食べてもらう

5000人の大群衆!

しかし、多くの聖書学者は、「パンの倍加」の時の群衆の規模は、聖書が「パンの倍加」と記していることから、1万から1万5千人程度であったと考えています。ノット" は、その場にいた女性や子供も数に含めてください。マタイ14:21

として、"「が近づいてきたとき、この大群衆は、"腰を下ろす" 集団で草の上にマルコ6:39、ルカ9:14

弟子たちは、次のように命じられました。 "たべわたす" を群衆に見せ、(マルコ:6:41、ルカ:9:16、マタイ:14:19)残飯を片付けます。ヨハネによる福音書: 6:12

イエスによると、群衆は欲しいだけ持っていたそうです。


があれば、論理的な意味があるのでしょうか? "ばかり" the twelve disciples were called on to serve such a massive crowd, with many “other disciples” in attendance?


12人」が全部やらなきゃいけないの?

12人の "上級 "使徒がしなければならなかったのは、"ぜんさく「他の弟子たちは群衆の中にいて、草の上に寝そべり、満腹になるまで食べていたのに?

Visualize the size of the crowd and the amount of food. We’re talking about a large stadium size crowd of people! The grass field where the crowd sat in groups must have stretched hundreds of yards. Imagine the "大きさ" その人数分のパンや魚が山積みになっている。

12人でやるには大変な仕事だ。12人もいれば、大変な仕事だ。

1000人に1人の弟子


何千ものパンと何千もの魚の話をしているんだ!


人に仕えることは、イエスの基本的な教えである

の1つです。 弟子入り大名 イエスの教えは、「人に仕える」ことであって、「仕えられる」ことではありません。この「人に仕える」「人を優先する」という基礎となる教えは、"百首新約聖書の全編に渡って"

このように、「他の弟子」は「群衆の一部」であり、群衆への奉仕に参加しなかったという解釈は、主の教えと矛盾しており、論理的な意味をなさない。


聖典によると、"いちもん" は群衆に仕えた。他の弟子たち」は福音書の中でほとんど言及されていません。それは彼らが存在しなかったということでしょうか、それとも彼らはただ「群衆の一員」であったということでしょうか。マティアスは、聖書によれば、主の地上での働きの「すべて」に同行し、後に "マティアス "と呼ばれるようになりました。第十二使徒使徒言行録1:26)は、福音書では一度も言及されていません。だからといって、彼を「群衆の一人」にするのでしょうか?

観客が何を求めているかを理解することで "むしん," とは一線を画す。 "何れも" 弟子たち...


弟子とは、聖書によれば、イエスの信者であり、従者である。困難で不穏な事態が起こる前に を教えられたが、群衆はイエスに対する信仰を欠いていた。


聖書によれば、群衆はイエスを信じていなかった。

  • そこで、彼らは彼に言った、「わたしたちが見て、あなたを信じるために、あなたはどんなしるしをすることができますか。どんなことができるのですか。30
  • イエスは彼らに言われた。"しかし、あなたがたは、わたしを見たにもかかわらず、信じていないと言ったのだ。"36
  • 主は群衆を羊と定義された "なくしては" 羊飼い。(マルコ6:34)羊飼いがいないのに、どうして羊が信仰を持つことができるのでしょうか?羊飼いのいない羊は、キリストの弟子になれるのでしょうか? ダメだ!

聖書から明らかなように、「他の弟子たち」は ノット "群衆の一員"


22節から59節は、群衆とイエスとの間で、イエスの を教えていた。そして、そう、イエスは教えていたのです。59

命のパンの講話の間、弟子たちは「聞いて」いた。話した弟子は、講話の最後に聖ペトロだけであった。68,69

イエスが弟子たちに「直接」話を移したのは、弟子たちの「多くの不信の思いを読んだ」後、イエスが困難で不穏な状況に陥った後だった。 を教えます。60,61


弟子 - 生き方


多くの弟子たちが従った

聖書の中で何度か、イエスは弟子になりたければ「ついて来なさい」と言われました。ギリシャ語では、"Akoloutheo "という言葉がfollowに使われていますが、これは同行、参加、出席、文字通り彼とともに歩むという意味です。  

イエスには、12人の他に、彼に従った弟子たちがいました。 "超っ早" を、そのミニストリーの中で続けています。これらの他の弟子たちは、主の地上での働きの全期間中、主に同行していました。使徒1:21-23

講話の日、イエスは地上での宣教を始めてからおよそ2年が経過しており、そこには "数々" 十二人のほかに、彼に従った弟子たち。ヨハネによる福音書6章60節


72人の弟子たち

イエスに従うということは、単にイエスと一緒に歩いて学ぶということではありません。イエスは「」でした。作成「ルカ10章からわかるように、イエスは弟子たちに宣教の仕事を割り当てられた。講話の後、イエスは72人の忠実な弟子たちに宣教の仕事を割り当てました。町から町へ回って説教し、悪霊を追い出し、病人を癒すなどの仕事です。

この弟子たちに耳を傾ける者は、主に耳を傾けたのです。この弟子たちを拒んだ者は、主を拒んだのです。ルカ10:16

イエスは宣教から帰って喜びながら、弟子たちに言われた。「私は、サタンが空から稲妻のように降ってくるのを見た。18

Jesus gave these disciples “full power over the enemy.” 19


According to Jesus, the names of the 72 disciples are "written in heaven." 20


イエス "guaranteed” heaven to these disciples. 

With the Lord’s strict demanding rules and Conditions of Discipleship, for Jesus to guarantee heaven can only mean that these 72 disciples were very faithful and obedient to his teachings. 

If you lose your life for his sake, you save it…


弟子入り条件

イエスは(である)。 "タフ" コーチ!コンディションは "ノット" 弟子たちにとっては簡単なこと。

  • 弟子は彼に言った、「主よ、私が先に行き、父を葬ってください」。しかし、イエスは彼に答えられた。「わたしについて来なさい。死者が死者を葬るようにしなさい」。マタイ8:21-22
  • またある者は言った、「主よ、私はあなたについていきますが、まず家の家族に別れを告げます」。イエスは言われた、「鋤に手をかけ、残されたものに目をやる者は、神の国にふさわしくない」。ルカ9:61-62
  • 私よりも父や母を愛する者は、私にふさわしくなく、私よりも息子や娘を愛する者は、私にふさわしくありません。マタイ10:37
  • イエス様は弟子たちに、財産を捨て、自分を捨て、毎日十字架を背負って、イエス様に従いなさいと命じられました。マタイ10:38、ルカ9:23、ルカ14:25-33
  • 自分の十字架を負い、わたしのあとに来ない者は、わたしの弟子にはなれない。ルカ14:27

自分の命を救おうとする者はそれを失い、私のために自分の命を失う者はそれを救うからです。マタイ10:39


コミットメントとビリーフ

弟子の条件は、12人だけでなく、すべての弟子に義務づけられていたのです。

新約聖書の福音書は、弟子としてのあり方を明確に定義しています。当時は簡単ではありませんでした。 "ユーバー" または "GPS" をイエス様に渡して、日曜の教会礼拝をしました。そして、イエス様は一ヶ所に留まることはありませんでした。

と推定されています。 イエスは旅をした 万里 そして、弟子たちに毎日ついてくるようにと呼びかけました。


Many disciples gave up their "生き方" to follow Jesus.


信仰心の強化

弟子たちは、イエスと直接対話し、学び、奇跡を目撃して、信仰を深めることができた。

弟子たちの前で。 談話会の数時間前イエス様はパンと魚を増やし、5,000人以上の人々を養うという、信じられないような超自然的な奇跡を起こされたのです。

この奇跡は、主の神通力を示すものであった。むりのない" をもたらし、"超自然的.” Similar to the Manna in the Desert the Father provided, Jesus provided supernatural bread and supernatural fish to those in need, with abundance. After this miracle, many wanted to make him king. John 6:15

このことは、弟子たちの信仰心をさらに強くしたことは間違いない。

イエス様は、弟子たちにとても難しいことを準備させていたのです。 分かりにくい 超常現象 翌日の授業で


新しい教え - 何か大きなことが起こった!


誰にでも"信じる" 御子の中に永遠のいのちがある(ヨハネ3:36)。

弟子たちは、信じれば永遠の命が得られるという約束をめぐって、イエスに同行して従ったのです。信じるとは、"真理として受け入れる "という意味である。しかし、多くの弟子たちの信仰を揺るがすような、困難で不穏な「新しい教え」が行われた。

イエスは弟子たちを、血を飲むような不穏などころか禁じられた新しい奇妙な教えで「驚かせた」。


怒りが爆発

命のパン講話では、怒号が飛び交った。

比喩や象徴の上に? まさか!?

ユダヤ人たちは、自分たちの間で言い争って言った。"この人がどうして、自分の肉を私たちに食べさせてくれるのか "と。ヨハネ6:52

これは気軽な議論ではなかった。主の驚くべき言葉に、多くの人が動揺し、心を乱した。


イエスは、"禁断" 最終通告

講話中、多くの人が「動揺」する中、イエスは「誤解」を正すのではなく "レベルアップ" そして、自分の血を飲むという最後通牒を突きつけ、さらに高みを目指したのである。

イエスは彼らに言われた、「アーメン、アーメン、あなたがたに言います。人の子の肉を食べ、その血を飲まなければ、あなたがたのうちに命はありません。"」。53


そして、イエスはその鮮烈な「」を強めた。リテラル" コマンド

  • わたしの肉を食べ、わたしの血を飲む者は永遠のいのちを持ち、わたしは終わりの日に彼をよみがえらせる。54
  • 私の肉は真実だから (アレッツ) 食は真なり、血は真なり (アレッツ) を飲む。55
  • 私の肉を食べ、私の血を飲む者は、私の中にとどまり、私も彼の中にとどまる。56
  • 生きておられる父がわたしをお遣わしになり、わたしが父のおかげで命を持っているように、わたしを養う者もわたしのおかげで命を持つのです。57
  • これは天から降ってきたパンです。食べても食べても死んでいったあなたがたの先祖とは違って、このパンを食べる者は永遠に生きる。58

アレーテス

ギリシャ語で "alethes "は"じっさいにある" または "まことに「という言葉は、52節にあるユダヤ人のように、疑っている人、信念のない人に対してのみ使われるものである。 

Alethesは新約聖書の中で何度も言及されており、"つねに"文字通りの意味 "を表すために使われます。非現実的なもの、象徴的なものを表現するときには決して使われない。

主は、ご自分の体と血が、真実、食べ物と飲み物であるという奇跡を強調されました。


ギリシャ語で「食べる」という言葉は、グラフィカルに強化されています。

ユダヤ人が怒りをあらわにした後、イエスはグラフィカルにその言葉を強めた。 "召し上がる" ファゴ(食べる、消費する;51節)からトロゴ(かじる、かじる)へ on, rip apart.54,56,58


うそのよう


すると、聞いていた多くの弟子たちが言った、「この言葉は難しい、だれが受け入れることができようか。60

象徴的な教えは受け入れられにくいのでしょうか? ダメだ!

を手放した後 生き方 イエスに従うことを選んだが、多くの弟子は信じないことを選んだ。.


これってショックですか?

61節:イエスには、"誤解 "を正す機会がもう一つありました。代わりにイエスは弟子たちに、"このことがあなたがたにショックを与える(不快にさせる)のか "と言われた。

象徴的な教えには「何か」衝撃的なことや不快なことがあるのだろうか?ありません。


衝撃的で、難しく、人の心をかき乱し、理解できないことを、イエス様は文字通りに話されたのです。


フライ・トゥ・ヘブン

イエスが行った奇跡の後でも、多くの弟子たちは「不信心」であったため、イエスは次のように発言した。 尻馬に乗る 自分が神の子であり、何でもできる、たとえば天に昇ることもできる、ということです。

62節です。人の子が、以前いた場所に昇るのを見たらどうでしょう。

天に昇ることは理解できない、超自然的なことなのでしょうか?はい

パンが文字通りの肉になるのもそうです

それは奇跡のものであり、超自然的なものです。


FAITH!

イエス様は、これらの新しい教えは、人間の頭では理解できないし、難しいと言っているのです。そのためには 100% 信じて!


六十三節の真実


ヨハネによる福音書6章63節を分析しよう・・・。

63節にあります。それは 「せいれい いのちを与えるものでありながら 肉叢 は何の役にも立たない。私があなたに話した言葉は、霊であり命です。

63節の「霊」という言葉が、イエスが象徴的に語っていたことを証明していると考える人もいる。

また、イエスが「肉は何の役にも立たない」、つまり何の役にも立たないと言ったのは、「自分の肉」のことを指していると考えている。


聖典によると、「霊」という言葉は、あることを表しています。 ユナイテッド 神と共に肉」とは、人間の本性を表す 散り散り 罪によって、神から


これを教えてくれるのは 何回も 新約聖書の中のここにいくつかの節がある...

  • イエス様は、「霊」は喜んでいるが、「肉」は弱いと言われました。マタイ26:41
  • 肉 "の関心事は死ですが、"霊 "の関心事はいのちと平安です。肉 "の関心は神に対する敵意であり、神の律法に服従せず、服従することもできません。"肉 "の中にいる人は、神を喜ばせることができません。ローマ8:5-8
  • 不品行、不純、放縦、偶像崇拝、魔術、憎悪、...。ガラテヤ5:19-21
  • これに対して、「御霊」の実とは、愛、喜び、平和、忍耐、親切、寛容、誠実、... Gal 5:22
  • なぜなら、自分の肉のために蒔く者は、"肉 "から腐敗を刈り取るが、"霊 "のために蒔く者は、"霊 "から永遠のいのちを刈り取るからです。ガラ6:8
  • もしあなたがたが「肉」に従って生きるなら、あなたがたは死にますが、「霊」によって体の行いを死に追いやるなら、あなたがたは生きるのです。ローマ 8:13...

スクリプト "はっきり「は、"霊 "と "肉 "を定義しています。

イエスは "私の肉 "とは言っていない。彼は "肉 "と言ったのです彼は明らかに"ノット「とは、聖なる、罪のない肉体のことである。


主の肉体と血 いってこい 死。すべてにおいてカウントされるのです


スピリットとライフはどんな言葉?

聖書では、"肉 "は罪、死、...破壊に関するものである。霊 "は、愛、平和、誠実、...永遠の命に関するものである。今、イエス様が話された言葉(48-58節)は、命を与える霊のためのものです。

どのようなものですか? "科白" イエスが話したのは、次のようなことです。 けいさんずく "精気と生命?"

彼自身の言葉から、「これは天から降ってきたパンだから、人はこれを食べて 死に損ない."(50)「このパンを食べる者は誰でも 生き続ける."51,58

何をするのか? ノット 死ぬの?永遠に生きられるものってなんだろう?

私たちの肉体は死ぬのだから、イエスは何を言っているのだろう?


彼は "ONLY" は、私たちの精神のことを指しているのです。 


この新しい難しい教えは、あなたの霊のためのものです。私たちの肉体は後に死からよみがえるけれども、私たちの霊だけが死から逃れ、死なないようにすることができるのです。

イエスは、"ノット「罪のために枯れて死ぬ肉体を養うのです。彼は死に打ち勝った物質、彼の肉体と血であなたの霊を養う。

養われるのはあなたの精神であり、それは生命を与える - 精神と生命


超自然的な肉と血

イエスの肉と血は、超自然的な誕生から奇跡的に作られました。彼の肉と血は聖霊の力によって、処女懐胎によって形成されたのです。

他の人体にはない "かつて" はこのように創造されました。主の肉と血は奇跡的なものです。

それは、霊に命を与えるイエスの超自然的な肉体と血によるものです。「私の肉を食べ、私の血を飲む者は、永遠のいのちを持つ。なぜなら、私の肉は 真の 食べ物、そして私の血は 真の 飲む"54,55


彼らは彼を置き去りにした


そうなる前に、彼は知っていた...

64節から、イエスは知っていた。 "出だし" どの弟子だろう "ふしんよう." イエスは「信じない」弟子たちを知っていたので、その弟子たちを "なにごと" 信じてもらえなかった。 

イエスは、「誰が」自分から離れていくのか、「なぜ」彼らが自分から離れていくのかを、すべて事前に知っていたのです。 


もし、私たちの完璧な神が、"思い違い"を訂正したり、"清算 "したりするために、彼は教える前にそれを行っていたはずです。

私たちの愛すべき神様は "ノット" 弟子たちを惑わせる。


彼らは彼を残して

イエスは、彼に付き添い、彼とともに食べ、飲んだ、彼とともに昼も夜も旅をした多くの弟子たちが、これらの新しい教えを「信じない」ために、彼のもとを去ることを許されました。60,64,66

彼は父の御心に従い(40)、彼らが彼の新しい教えを信じなかったので、彼らを解放したのです。


イエスは彼らを呼び戻さなかった

彼は彼らを「呼び戻さなかった」。聖書には、彼らは以前の「生き方」に戻り、「もはや」彼に同行しなかったとあります。66

ノーコンプロマイズ

イエスが、自分の生き方を捨ててイエスに従った多くの弟子たちが、イエスから離れることを許したこと。 は、どのように"重要" これらの教えは、イエスに 命のパン講話で、妥協がなかったこと。

最後の晩餐のおよそ1年前の出来事である。


イエスは、これらの新しい教えのために、長年のミニストリーの仕事を「危険にさらす」ことにした。

そして、「12人の使徒は出て行くのか!?

それから、イエスは十二人に言われた。"あなたがたも、出て行きたいのですか"。67

比喩的な象徴的な教えをめぐってか! まさか!?


神とその計画を信じること

命のパン講話で弟子たちに与えられた「いつ、どのように、なぜ」の詳細はほとんどない。.

聖ペテロは、パンが肉になる仕組みをすべて知っていて、理解できたと思う? No!

しかし、彼はイエスに対する「信仰」を持っていました。彼は彼を見捨てなかった。

シモン・ペテロは彼に答えた。「先生、わたしたちはだれのところへ行けばよいのですか。あなたは永遠の命のことばをお持ちです。私たちは、あなたが神の聖なるお方であることを信じ、確信するようになりました。"68,69


カム・トゥ・ビリーブ

サンピエトロが行った "ノット"はい、主よ、あなたのおっしゃることはよくわかります""だから信じます "と言ってください。

私たちは「信じるようになった」「確信した」のだと(エグノウカメン) あなたが神の聖なる者であることを。

でした。 "ノット" 聖ペテロがこの新しい教えを信じるようになったのは、「人間の理解力」によってではなく、時間をかけて信仰を強め、自分の理解力を「超えて」イエスを信じるようになったからである。


聖ペテロは、去っていった弟子たちの「信仰のなさ」を強調した。 

誰のところへ行こうか。あなたは永遠の命の言葉を持っています。私たちは信じます!


超信心


可能な限り人間の理解と推論を適用するわけですが、神からの超自然的な教えは、私たちの精神的な能力を超えています。信仰とは "" 超自然的なものに私たちを結びつけるものです。信仰は私たちを超自然的な存在である神と結びつけるものです。

超自然的な信仰とは、科学的な理解や自然の法則を超えて神を信じることであり、主の超自然的な誕生やパンと魚の増殖のような奇跡の信仰、「霊」からの信仰、神を信じることができるイエスへの完全な信仰と信頼である "いえん" 理解できること 限界のない信仰!


自然信仰

この信仰には限界がある!

人はそれぞれ、この世の物や状況などを信頼することができる自然な信仰を受け継いでいます。それは、この世に閉じこもっている「肉」からの信仰です。自然信仰には、超自然的なものに対する信仰が欠けています。そこには "ノー" ブリッジを使用します。

これらの新しい教えは と、弟子たちに "霊 "からの超自然的な信仰を持たせた。(63)多くの弟子たちは、聖ペトロのようにイエスを「完全に信頼」するのではなく、神への信仰よりも「人間の理解力」に寄りかかり、それが彼らの不信仰や困難で不穏な思いにつながったのである。

人肉を食べ、人の血を飲むという困難で不穏な考えは、人間の理性の核心に反するものである。人間の本能を通して "こころのバリア" は、不穏で望ましくない考えが、論理的な人間の理解に反するときに、典型的に生み出されます。イエスは「パン」は彼の「肉」であると述べ(51)、この講話の中で10回も彼自身をパンと呼びましたが、多くの人々の心の葛藤は明確で明白です。


理解」と「信仰

イエスは弟子たちに次のように挑んだ。 「付いて行け 彼らの「限られた」人間の理解を超えて。人間の理解の壁を越えてこれらの超自然的な教えは "固い" と聖句にあるように、多くの弟子たちが信じることができるように(60)。彼らは、彼の難解で不穏な言葉に精神的に苦しんでいたのです。彼らはそれを聞くことも受け入れることもできなかったのです。イエスが語った言葉は、多くの弟子たちを怒らせ、ショックを与えました。61

ユダヤ人も精神的に苦労していた。 "どのように" (52)彼らは超自然的なことに疑問を抱いた。どうしてこんなことが起こりうるのか。彼らは自分たちの間で議論した。こんなことは不可能だ!どうしてこの人が "くれる" 彼の肉体を?信じる」という言葉が出てきます "九回" をこの談話で紹介しています。人知を超えた」教えに、人間の「限られた理解」を適用しても、信じることは不可能です。人間の理解を適用するのではなく、主は"信心「を、聖ペテロが持っていたように。


"私たちは、あなたが神の聖なるお方であることを信じ、確信するようになりました。"69


これは「人間の理解」あるいは「信仰」のように聞こえるだろうか。もし聖ペテロがこれらの新しい教えに人間の理解を適用したなら、彼は同じようなコメントをし、同じような質問をしたことでしょう。これは難しい、どうしてこんなことが起こるのか、誰がこれを受け入れることができるのか、誰がこれを信じることができるのか。

その代わりに聖ペテロが選んだのは"信心限られた人間の理解を超えて、"確信 "した。彼は、イエスへの信仰によって「確信」したのです。人間の心の壁を適用するのではなく と言って、橋を選んだ。 主よ、私には理解できませんが、あなたは何でもできるのです...。


あなたは神の聖なる者!


多くの弟子たちは、その橋渡しを受けなかった。彼らは主への信仰よりも「人間的な理解」を優先したのです。(60,64,66) 彼らは"ノットそのため、このような「人間的な心の壁」を克服するために、このような「技術」を応用したのです。自然信仰「超自然的な存在であるイエスへの信仰ではなく、自分たちの「人間的な考え方」に基づいて。彼らはこの新しい教えを理解することができなかったので、信じないという選択をしたのである。これが、聖書における最大の "しんこうじっけん" 多くの弟子のために、そして多くの弟子が失敗しました。妥協することなく、イエスは彼らが去ることを許されたのです。


私はあなたを選ばなかったのでしょうか?

イエス "りょうしょうずみ"聖ペトロの信仰私は12人を選ばなかったのか(70歳) イエスは十二人のうちの一人が悪魔であることを知っておられましたが。(70,71)悪魔がイエスに対する超自然的な信仰を持つことがあるでしょうか?決してありません。ユダもそうでした。

イエスはこの背教をユダの裏切りにつなげた。


信仰と忍耐

時が経つにつれて、イエスは彼に従って信じる者たちに、より多くの詳細を明らかにした。

多くの弟子たちにとって、当時は不穏で困難だったことが、イエスへの信仰と忍耐によって、最後の晩餐、新しい過越、犠牲の十字架、死からの復活による人類のための主の贖い、とつながる謎を時間をかけて明らかにしていくのである。

まるで人生のようです!神様は、あなたの人生の詳細を少しずつ明らかにしてくださいます。私たちは今すぐすべてを知りたいと思いますが、神様は「強い信仰」と「忍耐」を求めておられます。


奇術は奇術なり


ある人が私に、パンがイエス様の肉になるのに、どうしてパンのような形をしているのですか?私は、マリアが人間の男性の精子を受けずにどうやって赤ん坊を産むことができるのか、と尋ねました。イエスの肉と血は、超自然的な処女懐胎から奇跡的に生み出されたのです。奇跡から奇跡が生まれるのです。


彼はスーパーナチュラルだった(いる)。

イエスは神であるため、何でもできることを知っています。聖書は、イエスが増殖し、物質を変え、外見を変えることができたことを示しています。イエス様はパンと魚を増やされました。また、水をぶどう酒に変えるように、物質と外観を変えられました。この自然な食べ物は増やされ、自然な飲み物は超自然的な食べ物や飲み物に変えられたのです。

聖霊の力によって宿り、処女マリアから生まれた主の肉体は、超自然的なものでした。他のいかなる人間の身体も "かつて" このように創造されたのです。彼の超自然的な体は水の上を歩くことができ、彼は自然を完全に制御していました。聖書によれば、彼自身の体は2度にわたって「形」を変えました。(マタイ17:2、マルコ16:12) また、彼自身の弟子たちが彼を見分けられなかったこともありました。

イエスの誕生は超自然的なものであり、イエスの肉を食べ、血を飲むことよりも信じやすい。今日、多くの人々が 落ちこぼれる というのも、弟子たちがイエスから離れたように、自分自身の「人間的な困難や不穏な考え」にとらわれてしまうからです。


永遠の命は"文字通り" イエスの身体と血において

神は常に創造されたものを通して働き、その創造物を通して私たちは救われるのです。神は肉と血を創造され、それはイエスの「文字どおり」の肉と血によって救われるのです。神は『レビ記』(17)で宣言されました。 "すべての肉の命はその血にある" 血は生命をつかさどり、肉を養い、肉体に生命を与える。

罪のために死が人類に入り込んだ。旧約聖書によると、罪の贖罪のために、ある生き物の血の犠牲が神に捧げられた。血は "ライフ" というもので、血の摂取は一切禁止されていた。例えば、出エジプト記12章では、子羊の血のうち、"物理的に「過越の祭りで救われた初子は食べられなかった。子羊の肉に含まれる血でさえも、「」食べなければならなかった。水っぽい" 肉を食べる前に

旧約聖書の生け贄が人類を死から救うのに十分でなかった大きな理由のひとつは、"ライフ" それらの動物のうち、 "ノット"永遠 "です。これらの動物は死を克服する神の力を持っていませんでしたが、イエスは持っていました。(ヨハネ10:18) 従って "不老不死" は、2千年以上前に時空を越えて登場しました。


から、"ライフ" イエスの肉と血は、神的に永遠である。 "神の子羊" は永遠となった。


血を飲むという禁じられたユダヤの律法は、(他の多くの律法と同様に)イエスの新しい命令によって取って代わられたのである。 "神が清らかにされたものを、あなたは"ノット"不敬と呼ぶ" (Act 10:15) イエスによれば、もしあなたが彼の肉を食べ、彼の血を飲まなければ、あなたの内にいのちを持つことはないのです。(53)永遠の命は文字通りイエスの体と血の中にあり、主は私たちにそれを受けるように命じておられます。ヨハネ6:48-58


神の子羊と新しい過越の祭り

罪のために(無価値に)枯れて死んでいくあなたの肉と違って、永遠の命はイエスの「体と血」の中にあるのです。イエス様の肉、血、魂、神性を含む全身が、死からよみがえり、死に打ち勝ちました。

時空を超えた神の物理的創造物を通して、イエスの「復活」した超自然的な身体と血(神の子羊)を、祝宴の中で食することで、「神の子羊」であることを証明する。 "新しい過越祭" 死亡の意志 "ききずてにする" 主の神聖な命によって永遠の命に入るように、忠実な者達よ。


私たちは、復活した "キリストの体 "になるのです。


見よ、世の罪を取り除く神の小羊を。ヨハネ1:29

小羊の婚宴に召された人々は幸いである。黙示録19:9

することになります。 "食い尽くす" イエス様がご自身の言葉で述べられたように、永遠の命があります。彼の生きた肉は真の食べ物であり、血は真の飲み物です。ヨハネによる福音書6章55節

54節 "私の肉を食べ、私の血を飲む者は永遠の命を持つ。""私は終わりの日に彼をよみがえらせる。"


GOD BLESS!


イエス様は「いのちのパン」の講話で、とても難しい教えを教えられましたが、多くの弟子たちは信じないことを選びました。そこで、イエスは彼らが去ることを許されたのです。

聖書に基づいて、「いのちのパン」講話の教えは明確にされています。 "ノット" シンボリックになります。

この章は、永遠の命についてですで調べてみてください。 かいほうそう!

あなたの旅に神の祝福がありますように


新コマンドは旧コマンドに優先する

その声は、もう一度、彼に語りかけた。「神が清くしたものを、あなたは"ノット"不敬と呼ぶ"Act 10:15

血を飲むという禁じられたユダヤの律法は、イエスの新しい命令によって取って代わられたのです。聖書には、イエスが新しい命令で古い命令に取って代わった例が他にもたくさんあります。 こちらをご覧ください。


描かれていない

父なる神は、""ではなく、""を選んだという説もあります。ドロー「そのため、多くの弟子たちが主を離れていったのです。これは明らかに誤りであり、その理由は次のとおりです。 こちらをご覧ください。


無料パン

弟子たちがイエスから離れたのは、「」のせいでしょうか。欠如" 無料でパンを食べる?違う! こちらをご覧ください。


お問い合わせ先

Jim@truthcampaign.org


ツイッター

ツイッターでフォローする こちらをご覧ください!


カトリック聖書

ニュー・アメリカン・バイブル 改訂版

jaJapanese